確定拠出年金 企業型とは

会社が掛金を拠出し個人で運用する企業年金

企業年金とは

会社が社員のために老後の年金を支給するしくみを企業年金と言います。老後の生活を支える年金としては、国民年金、厚生年金といった公的年金があります。企業年金は、公的年金に上乗せして受け取ることができる年金になります。なお、企業年金は、各企業が任意で用意している制度ですので、全ての企業で定年退職後に企業年金が受け取れるわけではありません。企業年金には、確定給付型と確定拠出型の大きく2つがあります。確定給付型は昔からあるタイプの企業年金で、会社が最終的に支払う年金の額が確定しているものになります。確定給付型の企業年金には、確定給付企業年金(規約型、基金型)、厚生年金基金があります。確定給付型の年金は、会社側が積み立て、運用を行い、約束した支払いをする義務を負うことになります。確定給付型の年金では、受け取れる年金額や支払いの期間については、勤続年数や給与などによってあらかじめ決まっています。

自分で運用商品を選ぶ401k

確定拠出型の年金とは、会社が拠出する額のみが確定しているタイプの企業年金という意味です。確定拠出年金は、日本版401kと呼ばれています。確定拠出年金では、資産の運用方法については従業員個人が決定することになります。つまり、確定拠出年金の場合には、会社が社員のために掛金を支払い、従業員1人1人が預金や投資信託などの金融商品を自分で選び、運用することになります。なお、確定拠出年金で選べる金融商品はそれぞれの会社によって違いますから、何でも好きな金融商品を買えるというわけではありません。しかし、給付を受ける際には、会社とは関係なく、従業員が自分で手続きすることになります。確定拠出年金には上記のような企業型の年金制度以外に、国民年金基金連合会が実施する個人型の年金制度もあります。自営業者や企業型の年金制度を設けていない会社に勤めている人は、個人型の確定拠出年金に加入することができます。