メリット

確定拠出年金は企業と加入者の双方にメリットがある

企業にとってのメリット

企業年金として確定拠出年金制度を導入することは、企業にとってメリットがあります。確定給付年金の場合には、企業側で責任を持って積み立て、運用を行い、約束した額を給付しなければなりません。ですから、約束した額が給付できなくなってしまうリスクがあります。確定拠出年金では、企業の責任は決められた掛金を拠出することだけになります。その後の運用については加入者である従業員に任せることができますから、企業が責任を負うこともありません。退職給付債務もなくなりますから、積立額が不足する不安からも解消されます。また、確定拠出年金には、税制上のメリットもあります。確定拠出年金では、会社が拠出した掛金は会社の損金として全額非課税となっています。確定拠出年金は、労使合意の上で定めた規約について国から承認を受け、金融機関などの運営管理機関に委託することで開始できますから、比較的導入しやすいというメリットもあります。

個人にとってのメリット

確定拠出年金は、加入者個人にとって様々なメリットがあります。主なメリットとしては、運用次第で老後の年金を増やすことができるという点があります。確定拠出年金は、掛金を自分で運用しなければなりませんから、自己責任の年金とも言われます。もちろん、運用にはリスクがありますが、逆に、うまくいけば運用により資産を増やすことも可能になります。また、確定拠出年金は、年金資産が個人ごとに管理されているため、転職した際にも、一定の要件を満たすことにより持ち運びが可能です。つまり、会社を途中退職する際にも、積み立てた掛金を解約しなくてもすむということです。さらに、確定拠出年金は、個人にとっても税制上のメリットがあります。個人が拠出した掛金は全額所得控除の対象になるほか、受取時にも公的年金等控除、一時金給付の場合には退職所得控除が受けられます。また、運用時の利益についても全額非課税となっています。