デメリット

確定拠出年金にはリスクや制限もある

自己責任で運用しなければならない

確定拠出年金のいちばんのデメリットは、加入者個人が運用リスクを負うということでしょう。会社が企業年金を用意している場合には、確定拠出型以外に、確定給付型の年金もあります。確定拠出型の年金なら、自分で運用しなくても、あらかじめ一定の給付が約束されています。会社で働いている以上、年金については会社に任せていたらOKということですから、余計な負担を感じずにすむことになります。一方、確定拠出型の年金は、自分で運用しなければなりませんから、自己責任の年金ということになります。確定拠出年金では、将来の年金額が確定していないということになりますから、不安要素にもなります。年金額を増やしたいなら、自分自身が投資について勉強し、知識を身につけなければならないという負担もあります。そもそも投資に興味がない人にとっては、どのように運用して良いかもわかりませんし、面倒な手間が増えたと感じてしまうでしょう。

途中で引き出せない

確定拠出年金は老後の資金を確保するための制度として、強力な税制優遇もされている制度になります。ですから、その反面制限もあるということに注意しておきましょう。まず、確定拠出年金は、途中解約というのは原則としてできません。60歳になるまでは取り崩しできないというのが大きなデメリットと言えます。たとえば、人生においては失業するなどの予期せぬ事情により急にお金が必要になることもあるでしょう。そんなときにも、通常の貯蓄があれば引き出して使うことができますが、確定拠出年金は引き出すことができません。確定拠出年金で積み立てているお金があっても、借金しなければならないということにもなってしまいます。なお、個人型確定拠出年金では、運用手数料がかかるというデメリットもあります。国民年金基金連合会に103円と資産管理手数料として64円を毎月支払うことになりますから、年間2004円のコストがかかってしまいます。